精神科には様々な症状の患者さんが助けを求めて来ます



ストレスも過酷な仕事もあまりに多い現代社会では、心が弱ってしまう方が多発しています。精神科では、そうした方達の悩みや話を聞くことで治療の方針を決めていきます。症状を見ながら精神薬の薬を使用していく場合があります。


患者さんが、軽症であるなら、安定剤などの処方でも、かなり気持が落ち着いてくるでしょうが、心が前向きに動いてくれないと、なかなかよい成果があがりませんよね。心は、身体の不調よりもデリケートな対応が要求されます。


お医者様は、早く元気に回復させてあげたいと思っておられますが、即効性のある精神薬はなく、数ヵ月は効果が出るまでにかかります。また、悪化しないように持続させていくことが大切ですので、長期戦でゆっくり治療を受けていくことも大事です。


どの薬が、患者さんに最適な組み合わせなのかは、医師も手探りの感があります。しかし、数年経って症状が軽減してきた時には、減薬の問題が出てきますので、先のことも考えながらの、安全な処方をしていく必要があります。

◆denverconferencecenter.comオススメページ一覧◆

SUB MENU

おすすめサイト